日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

伊藤園・下期方針 リーフ事業の強化とグローバル戦略推進

飲料 ニュース 2018.12.12 11807号 02面

本庄大介社長
本庄大介社長

 伊藤園の19年4月期第2四半期連結決算は増収減益となった。新アイテム「お~いお茶 新緑」の好調な推移や猛暑の熱中症対策として「健康ミネラルむぎ茶」がさらに伸長するなど、好調なドリンク事業がけん引した。中でも、「お~いお茶 ほうじ茶」は3年間で約30%伸長、ほうじ茶市場全体も伸長しており、秋冬のホット需要など、さらなる伸長が期待できるもようだ。一方で、西日本豪雨などの災害により、生産や物流に大きな影響を受ける中、製品を届けることに注力する夏でもあったという。この下期は需要期と・・・
[全文は電子版会員登録を]