日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素AGF「ブレンディの森」、エコプロに出展 活動は新たなステージへ

飲料 展示会 2018.12.21 11811号 05面

品田英明社長
品田英明社長

「ブレンディの森」鈴鹿水源のかん養域のジオラマを展示
「ブレンディの森」鈴鹿水源のかん養域のジオラマを展示

 味の素AGF(AGF)は事業活動を通じた社会価値の創出を図る「AGF シェアードバリュー」の下、水源涵養(かんよう)活動の「ブレンディの森」や味の素グループのコプロ肥料活用によるコーヒー農園の生産支援プロジェクト、徳之島でのコーヒー生産農家の支援などを推進している。

 14年から取り組む「ブレンディの森」づくり活動は、18年10月現在、AGFグループ社員を含む延べ約2600人が参加した森林保全活動により、地域住民などが訪れることができる森へと成長を遂げており、新たなステージに・・・
[全文は電子版会員登録を]