日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ジャパンハニカム「SieteX」 外食・中食向け提案 トランス脂肪酸抑え、コスト減

機械・資材・IT ニュース 2017.10.18 11606号 01面

電池不要の小型デバイス「SieteX」
電池不要の小型デバイス「SieteX」

フライヤーに入れるだけでコスト削減やトランス脂肪酸対策が可能となる
フライヤーに入れるだけでコスト削減やトランス脂肪酸対策が可能となる

 アルミハニカムパネルなどを国内外で展開するジャパンハニカムは、フライヤーに投入するだけでフライ油の使用量を低減できる「SieteX(シエテックス)」を今秋から本格展開する。製造現場のコスト削減やオペレーション改善、トランス脂肪酸の抑制デバイスとして活用できる。フライヤーを使用する外食・中食分野を中心に提案する方針で、テスト導入店舗では優位的なデータがすでに実証されているという。(日食取材班)

 「SieteX」は22mm×70mmの電池不要の円筒状デバイス。物理的作用の働きで・・・
[全文は電子版会員登録を]