日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日清オイリオグループ、18年3月期中間は2桁減益に 付加価値品は伸長

乳肉・油脂 決算 2017.12.04 11628号 03面

 日清オイリオグループの18年3月期第2四半期連結決算は、9月末時点での価格是正が適正水準に満たず、2桁減益で折り返した。付加価値品や加工油脂、ファインケミカル部門の伸長などで増収となったものの、周辺環境の悪化が業績を直撃した。新中計必達へ変革と新ビジネスモデルの構築を加速している同社だが(本紙既報)、下期は10月から実施中の価格改定を最大のポイントに位置付ける。

 同社の18年3月期第2四半期連結決算は、売上高1668億円(前年比7.6%増)、営業利益47億円(同15.1%減・・・
[全文は電子版会員登録を]