日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

加藤美蜂園本舗、チルド参入目指す 清涼飲料の検討も

菓子 ニュース 2018.01.10 11643号 01面

加藤禮次郎社長
加藤禮次郎社長

 はちみつ国内最大手の加藤美蜂園本舗は、冷蔵(チルド)帯分野への参入を目指す。16年から稼働している富士工場(静岡県)の“地の利”や原料・素材面での競争力、商品開発のノウハウをなど生かすもので、すでにチルド製品としてヨーグルト向けオリゴ糖含有シロップ「ヨーグルトにヨーグル糖」を商品化。「今後はチルド清涼飲料などの開発も検討する」(加藤禮次郎社長)方針で、日配品を含めた領域拡大を図る。(村岡直樹)

 「サクラ印はちみつ」を展開する同社では、はちみつやローヤルゼリーなど常温製品分野・・・
[全文は電子版会員登録を]