日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

攝津製油、食中毒感染対策で現場の声満たす除菌シート 介護・保育施設などへ

機械・資材・IT ニュース 2018.02.02 11656号 03面

ノロVウェットシート(本体)
ノロVウェットシート(本体)

ノロVウェットシート(詰め替え用)
ノロVウェットシート(詰め替え用)

 近年、対策の高精度化が必須とされている食中毒感染。予防の重要性が浸透している一方、導入現場の視点に立った利便性を取り入れた取組みが求められている。攝津製油は1月末から、従来の除菌製品の課題点を払拭(ふっしょく)する「除菌ができるノロVウェットシート」を発売している。かねて展開していた除菌・除ウイルスのブドウ種子抽出物配合食品添加物エタノール製剤「ユービコールノロV」を含浸したウエットシート品で、介護・保育施設など多忙な現場の声を満たす利便性を実現した。

 食中毒による集団感染・・・
[全文は電子版会員登録を]