日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本こめ油工業協同組合、安定供給を最優先 一つずつ難題克服

乳肉・油脂 ニュース 2018.05.23 11703号 01面

齋藤典幸理事長
齋藤典幸理事長

 国内こめ油業界は18年度も引き続き、課題である原料確保と安定供給に取り組む。日本こめ油工業協同組合はこのほど通常総会を開催、齋藤典幸理事長(ボーソー油脂社長)が「原料確保や価格適正化、コスト増など難題が山積する。会員各社の知恵で真摯(しんし)に取り組み、一つずつ克服したい」との姿勢を表明した。業界では今春、対ブラジルの特恵関税撤廃など新たな逆風に直面。一方で需要は好調なことから、安定供給を最優先する方針だ。(村岡直樹)

 齋藤理事長は「3年前の急激な需要増に比べると周辺環境は・・・
[全文は電子版会員登録を]