日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マーガリン市場、重要局面迎える 競合越え施策展開

乳肉・油脂 ニュース 2018.06.18 11717号 01面

 世界屈指の技術力を誇るわが国のマーガリン市場が、家庭用・業務用ともに重要な局面を迎えている。家庭用ではトランス脂肪酸に関する“正しい啓蒙(けいもう)活動”が、業務用では昨年から続く対コスト増への“価格適正化”が、近年まれに見るレベルで重要性を増している。前者は市場のU字回復に、後者は安定供給継続の面で必須の要件。両分野ともに競合の垣根を越えた施策が展開されているが、今夏は今後の重要な試金石となりそうだ。

 油脂・乳化技術の結晶である国内マーガリン類は国際的にも強力な競争力を持・・・
[全文は電子版会員登録を]