日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カネカ、遺伝子改変技術が18年度技術賞に

その他 ニュース 2018.09.26 11768号 01面

 業務用加工油脂などを展開するカネカは国立研究開発法人・農業・食品産業技術総合研究機構との共同研究「茎頂メリステムをターゲットにした培養不要で汎用(はんよう)性の高い遺伝子改変技術の開発」で、日本植物細胞分子生物学会の「2018年度技術賞」を受賞した。植物バイオテクノロジーを活用して実用化・実用化間近の研究成果に対して授与されるもので、このほど開催された「第36回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム」で授賞式が行われた。

 受賞した「遺伝子改変技術」は、植物の芽に遺伝子や・・・
[全文は電子版会員登録を]