日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キユーピー、東洋製罐グループと共同で「スルッとボトル」開発 使いやすさ向上

調味 ニュース 2018.11.09 11793号 06面

使いやすさ・食品ロス低減を図る「スルッとボトル」。「キユーピーハーフ」300gを対象に数量限定で採用する
使いやすさ・食品ロス低減を図る「スルッとボトル」。「キユーピーハーフ」300gを対象に数量限定で採用する

 キユーピーは東洋製罐グループと共同で、中身が流れ落ちやすい「スルッとボトル」を新たに開発した。使いやすさを向上させるとともに食品ロス削減も図るもので、1日から「キユーピーハーフ」の300gを対象に165万本限定で採用している。

 「スルッとボトル」は、容器の内側に中身の原料と同一の植物油の極薄膜を加工。これによって中身が「自然」に「ゆっくり」と流れ落ちる設計となっている。繰り返し使用しても効果が持続するため、最後まで使いやすいほか、使い終わりの容器に付着する残り液を約60%低・・・
[全文は電子版会員登録を]