日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

加速するキユーピーグループ協働戦略(中)コープ食品東北工場 シェフ視点の調理工程で市場下支え

調味 連載 2019.01.25 11824号 03面

FS向けに製造する「オマールソースベース」。製造へのこだわりを具現化している
FS向けに製造する「オマールソースベース」。製造へのこだわりを具現化している

オマールエビの抽出工程。脱皮前のカナダ産・ミソ入りヘッドをシェフ目線で調理する
オマールエビの抽出工程。脱皮前のカナダ産・ミソ入りヘッドをシェフ目線で調理する

 ●オマールソースベース 原料・製法にこだわり

 キユーピーグループのコープ食品・東北工場(福島市)では主にフードサービス(業務用、以下FS)向けにソース・スープ、豆素材品、デザート製品などを製造している。「素材(豆製品)」「調理(ソース・スープ)」「デザート」を3本柱に位置付け、いずれも優れたノウハウを保有。外食厨房(ちゅうぼう)をスケールアップさせた製造体制は業界屈指のこだわりで構成されており、プロの料理人同一の視点・調理法で市場を下支えしている。

 ソース・スープを軸とする・・・
[全文は電子版会員登録を]