日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日清オイリオグループ、電力融通図り最適化 全拠点ネット築きESG経営

乳肉・油脂 ニュース 2019.03.08 11845号 03面

大型ガスタービン発電機
大型ガスタービン発電機

久野貴久社長
久野貴久社長

 日清オイリオグループは、ESG経営の新たな取組みを開始する。かねてJFEエンジニアリングなどと進めていたコージェネレーションシステムによる電力エネルギーネットワークを、同社名古屋工場内に構築。すでに堺・水島の両製造拠点への“電力融通”を18年12月から開始しており、将来的には全国規模でのエネルギー一貫最適化につなげる。同取組みによる全国網羅型のエネルギー最適化は、国内初。環境配慮やコスト競争力の強化も確実で、今後が注目される。

 導入したエネルギーネットワークは、ガスタービン・・・
[全文は電子版会員登録を]