日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

FOOD TAIPEI 2017リポート(4)台湾行政院「生産力4.0」推進は大きな後押し

その他 連載 2017.09.11 11588号 04面

109ヵ国との取引があるため、いろいろなメニューに対応する(安口食品機械)
109ヵ国との取引があるため、いろいろなメニューに対応する(安口食品機械)

 台湾における機械工業製品は、その技術力の進展とともに世界中で採用されている点に注目したい。精巧でありながら、価格の面で非常に買い求めやすいというところも要因のひとつだ。

 台湾版「インダストリー4.0」ともいうべき、台湾行政院「生産力4.0」計画の推進は大きな後押しとなり、また工業製品におけるカスタマーサービスの向上が顧客の満足度も上げている。

 〈安口食品機械股〓(フン)有限公司〉

 1978年に設立。ギョウザやシュウマイといった飲茶のあん包みからパイ、肉まん、サモサ、パイナッ・・・
[全文は電子版会員登録を]