日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

北海道胆振東部地震:食品界に大打撃

その他 ニュース 2018.09.10 11761号 03面

食料品を買い求め、店舗に殺到する生活者
食料品を買い求め、店舗に殺到する生活者

棚から商品が消えたコンビニエンスストア
棚から商品が消えたコンビニエンスストア

 【北海道】6日午前3時8分、胆振管内厚真町を震源に発生した「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」は、道都・札幌をはじめ全道の市民生活に大きな混乱をもたらしている。地震とともに起きた道内全域に及ぶ大規模停電が長引き、交通や通信など都市機能が完全にマヒ。札幌では信号機も作動しなくなり、警官が交通整理を行った主要交差点以外、多くの道路網が当日朝から大渋滞を引き起こした。震災当日は路線バスや市営地下鉄、JR北海道も全面ストップ、新千歳空港発着便も全便が欠航した。食品界でも製配販・・・
[全文は電子版会員登録を]