日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

食品ニューテクノロジー研究会「超高齢化社会における抗糖化の最新の調査研究と食品開発」19日開催

その他 セミナー・催し物 2018.10.12 11777号 03面

 日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は10月19日、東京栄養食糧専門学校・辻啓介学院顧問を座長に迎え、「超高齢化社会における抗糖化の最新の調査研究と食品開発」をテーマに東京・アキバプラザで開催する。

 「体の錆(さ)び」は酸化ストレス、「体の焦げ」は糖化ストレスといわれる。糖化は寿命や老化と関連することはかなり以前から知られている。最近糖化の体内最終産物(AGEs)を測定する非侵襲性で簡易迅速な測定技術が開発され、急速に研究者の糖化への関心を集めている。

 今回は、・・・
[全文は電子版会員登録を]