日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

食品ニューテクノロジー研究会講演:製品評価技術基盤機構・川崎浩子課長

その他 セミナー・催し物 2019.01.09 11817号 09面

 ●「食品有害微生物と有害遺伝子の迅速検出 MALDI-TOF MS微生物同定最新情報と有害遺伝子検出データベースの提供」 独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンター産業連携推進課・課長 川崎浩子氏

 食の安全・安心は、社会にとって最も重要な課題の一つだ。その中でも病原微生物による食品汚染は、人に重篤な被害をもたらす可能性がある。一度事故が起こると、被害内容によっては製造した会社の責任は計り知れないほど大きい。一方、われわれの周りには多種多様な微生物が共存してい・・・
[全文は電子版会員登録を]