日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

サントリーワインインターナショナル、日本ワインを強化 アジア輸出も加速

酒類 ニュース 2017.03.03 11493号 01面

山崎雄嗣社長
山崎雄嗣社長

 サントリーワインインターナショナルは17年、日本ワインを強化する。日本ワインは新シリーズ「塩尻ワイナリー」を発売するほか、アジア圏への輸出を加速させる。輸入ワインは新ブランドを投入し、中高級帯(店頭価格1200円程度以上)のラインアップを拡充する。国内4社計では、前年比2%増の676万ケース(国産・輸入計)を目指す。

 山崎雄嗣社長は2月22日、東京都内で会見し「塩尻シリーズも量が確保できれば、海外に打って出たい」と意気込みを示した。

 「塩尻ワイナリー」は、「ジャパンプレミア・・・
[全文は電子版会員登録を]