日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤッホーブルーイング、「よなよなエール」発売20年初の刷新 理想の味が完成

酒類 ニュース 2017.09.11 11588号 03面

最大の特徴の香りに磨きをかけた
最大の特徴の香りに磨きをかけた

 クラフトビール最大手のヤッホーブルーイングは、主力ブランド「よなよなエール」を発売から20年で初めて刷新する。井手直行社長は7日、東京都内で会見し「理想の味がついに完成した。クラフトビール市場をさらに活性化させる起爆剤としたい」と意気込みを語った。同品の販売は1年間で前年比40%増を見込む。

 リニューアルでは、最大の特徴である香りにさらなる磨きをかけた。柑橘系の香りをより鮮明にし、原料のホップの余韻も長くした。多様なクラフトビールがある中で、「ど真ん中の味わい」(井手社長)・・・
[全文は電子版会員登録を]