日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キリン、ビール苦味成分で記憶力向上を解明 神経伝達物質増やす

酒類 ニュース 2018.03.23 11678号 01面

 キリンは19日、ホップ由来のビール苦味成分が健常時の記憶力を向上させることを世界で初めて解明したと発表した。脳の記憶をつかさどる部位の海馬で、苦味成分が認知機能に関わる重要な神経伝達物質の生成を促すことを突き止めた。高齢者の認知症が社会課題となっている中、今後のさらなる効果検証に注目が集まる。

 疫学などの研究では、酒類の適量摂取が認知症の防御因子となることが報告されていた。同社はこれまで、東京大学との共同研究などを通じアルツハイマー病予防効果や認知機能改善に関する研究に取り・・・
[全文は電子版会員登録を]