日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

サントリースピリッツ、国産ジン「ROKU」好調 食中酒訴求図る

酒類 ニュース 2018.06.11 11713号 04面


 サントリースピリッツのジャパニーズクラフトジン「ROKU(ロク)」(写真)が好調だ。サンショウやユズなど和食にも使われる素材を使ったジンで、味わいに高い評価を獲得している。1月から和食業態へ炭酸割り「六ソーダ」の提案を本格化。食中酒として浸透し、取り扱いを5月末までで約1200店に広げた。プレミアムジン市場の拡大を背景に、販売を一層加速させる。

 17年7月発売のROKUは、日本独自のボタニカル(草根木皮)を6種使っている。1本4000円する高級品だが、18年1~5月の国内販・・・
[全文は電子版会員登録を]