日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

2019新春の抱負:全国酒販協同組合連合会・海田耀市会長 消費増税への対応を

酒類 インタビュー 2019.01.09 11817号 06面


 18年6月の総会および理事会で役員の任期満了に伴う理事・監事の改選が行われ、全酒協会長の大役をおおせつかることになりました。まさに身の引き締まる思いです。今後も全酒協事業の健全経営を堅持し、今年も全力を尽くす決意です。

 日本経済を見ますと、緩やかに回復傾向にあるといわれておりますが、米中貿易摩擦の長期化が必至となり、国内景気への影響がどうなるか気になるところであります。

 19年は5月1日に平成から新しい元号へと変わり、10月1日には消費税率10%への増税ならびに軽減税率制度・・・
[全文は電子版会員登録を]