日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

焼肉トラジ、武州和牛を初出荷 6次産業化へ本腰

乳肉・油脂 ニュース 2017.09.25 11594号 01面

出荷1頭目の「太郎」はA―5等級を獲得
出荷1頭目の「太郎」はA―5等級を獲得

新橋店の試食会では食通から称賛された
新橋店の試食会では食通から称賛された

 「焼肉トラジ」(61店舗)は2015年10月、肉用牛(黒毛和牛)を肥育するトラジ・ファーム(埼玉県神川町)を設立し、焼肉の6次産業化に乗り出した。その1頭目となる武州和牛(埼玉県産黒毛)が出荷され、このほど東京・新橋店に関係者約50人を集め披露試食会を催した。

 「太郎」と名付けられた記念すべき1頭目は、A-5等級、BMSNo.12の最高ランクを獲得した。脂質、サシ、ミートカラーのすべてが理想的かつ歩留まり約80%という最高ランクに仕上がった。この肥育を皮切りに繁殖にも着手。・・・
[全文は電子版会員登録を]