日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

米国食肉輸出連合会、セミナー開催 「ポンドステーキ」提案

乳肉・油脂 セミナー・催し物 2017.12.06 11629号 05面

フィリップ・セング氏
フィリップ・セング氏

厚切り・かたまりステーキを提案
厚切り・かたまりステーキを提案

 米国食肉輸出連合会(USMF、フィリップ・セング会長兼CEO)は11月29日、東京・銀座の「GINZAクルーズクルーズ」に飲食店経営者・料理長など約60人を集め、アメリカン・ビーフ(米国牛)を活用した「ポンドステーキ」のプロモーション開始に伴う「ポンドステーキご提案セミナー」を開催した。

 プロモーションは「ステーキは1ポンド(約454g)で売る!」をキャッチコピーに「厚切り・かたまりステーキ」を外食市場に提案するもの。トウモロコシ肥育の米国牛は、(1)適度にサシが入り(2)・・・
[全文は電子版会員登録を]