日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大阪北部地震 産業徐々に正常化へ

その他 ニュース 2018.06.25 11722号 01面

地震で崩れた石垣(枚方市内で)
地震で崩れた石垣(枚方市内で)

食器棚から散乱(関西支社・服部記者自宅)
食器棚から散乱(関西支社・服部記者自宅)

 【関西】18日の大阪北部地震では、死者5人、負傷者415人(総務省消防庁21日午後2時現在)が出る大災害となったが、地震による食品業界への影響は幸い最大震度6弱の強さにしては限定的にとどまっている。

 18日の発生日には交通網や電気、ガス、水道のインフラがダウンしたことで、生産部門への影響が出た。大きく揺れたことで、ラインのずれ、床のひずみが出たところもあり、安全のため点検で操業が止まるところも出た。地震が午前7時58分の通勤時間帯で発生したためJR、地下鉄はほぼ終日、私鉄網・・・
[全文は電子版会員登録を]