日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

女子大生の感性光る産官学連携 狩生徹尚絅大学准教授語る

その他 インタビュー 2018.12.03 11803号 04面

狩生徹准教授
狩生徹准教授


 【九州】熊本県にある尚絅大学では、管理栄養士養成課程の学生と企業・自治体による産官学連携を積極的に行っている。事例には、女子大生ならではの感性が光るものが目立つ。連携の具体的な事例や、取組みから学生たちが得る学びなどについて、生活科学部・地域連携推進センターの狩生徹准教授が語った。(大屋良太)

 本学では、女子大生の視点を生かした産官学連携に力を入れている。例えばスーパーフード、ロカボ、インスタ映えといったものは彼女たちからすると身近な存在。こういったテーマは得意分野だ。管理・・・
[全文は電子版会員登録を]