日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

富士通システムズ・イースト、食品加工業向けソリューションを機能強化 細業種対応

機械・資材・IT ニュース 2016.08.31 11407号 03面

 富士通システムズ・イーストは、食品加工業向けのソリューションを機能強化する。サーバー自社設置型の「GLOVIA smart FoodCORE」とクラウドサービス提供型の「AZCLOUD SaaS FoodCORE」の両方で細業種への対応を強化し、生産管理機能を拡充。2017年からの本格販売を予定しており、食品加工業を主力市場に経営の見える化・効率化に貢献していく方針だ。

 今回の機能強化では、レシピの配合管理など生産システムに対するサービスを強化。ターゲットを中堅規模の弁当・・・・
[全文は電子版会員登録を]