日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ジェトロ解説 求められる米国FSMAへの対応(下)「食の安全」確立 サプライチェーン全体で取組みを

その他 連載 2017.03.17 11499号 03面

 「食の安全」を管理する仕組みは、どこかで途切れてしまったり、一つでも欠陥があっては意味がない。食品安全強化法(FSMA)は、サプライチェーン全体で「食の安全」を確立するため、農産物・食品の供給に携わる、農場から製造・加工、梱包、保管、そして輸送、小売まで、すべての事業者に「安全管理の眼」を光らせるよう義務付けている(図)。最終回は、「農場」での安全管理と、新たな取組みである食品防御について解説する。

 ●農場は原則1年以内に義務化

 食品安全計画の策定などを定めたFSMA第10・・・
[全文は電子版会員登録を]