日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

高砂熱学工業「GODAクラウドサービス」 “ウラの省エネ”支援本格展開

機械・資材・IT ニュース 2018.02.14 11660号 04面

 高砂熱学工業は企業・施設の省エネ推進サポートツール「GODAクラウドサービス」の本格展開を開始する。現地運用者(エネルギー管理者)を遠隔地から専門家がサポートし、高度なエコチューニング(温室効果ガス削減のための設備機器・システムなどの運用改善)を実現。施設の執務者(居住者)に気づかれることなく「ウラの省エネ」を支援し、2019年度末までに500施設との契約を目指す。

 「GODAクラウドサービス」は、同社とパナソニックの共同開発。04年に販売を開始したデータ収集分析ツール「G・・・
[全文は電子版会員登録を]