日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

沼本忠次氏が語る駅弁~小箱のワンダーランド小史~(4)歴史<4> 消費者に近づく売り方に

惣菜・中食 連載 2018.04.11 11687号 15面

新幹線の延伸など、多くの変化の中駅弁は進化を続けている
新幹線の延伸など、多くの変化の中駅弁は進化を続けている


 ◇日本鉄道構内営業中央会・沼本忠次事務局長が語る駅弁~小箱のワンダーランド小史~

 昭和62年(1987年)3月31日、日本国有鉄道(国鉄)は公共企業体としての歴史に幕を閉じ、翌4月1日から六つの旅客鉄道会社(JR)とJR貨物に分割・民営化され新たな鉄道運営がスタートした。明治5年(1872年)の明治政府官営鉄道開業から115年目の大変革だった。この日本鉄道史上最大のターニングポイントは、市場開放で駅弁業界での競争激化とともに、駅や鉄道に関わる食を選択する消費者により近づく大・・・
[全文は電子版会員登録を]