日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

4月10日は「駅弁の日」 崎陽軒など4社、120食を施設へ提供 駅弁通じて語らいの場に

外食 セミナー・催し物 2018.04.16 11689号 04面

崎陽軒の「シウマイ娘」が駅弁を配布
崎陽軒の「シウマイ娘」が駅弁を配布

旅の思い出など、参加者同士の会話に華が咲いた
旅の思い出など、参加者同士の会話に華が咲いた

 日本鉄道構内営業中央会(中央会)会員の崎陽軒など4社は10日、横浜市で「駅弁の日」記念イベントを開催した。同市の福祉保健活動拠点「加賀原地域ケアプラザ」を会場に、施設を利用する高齢者約70人に駅弁約120食を提供。参加者は旅行の思い出など、駅弁を通じてさまざまな語らいに華を咲かせた。

 今回は横浜市の崎陽軒から「シウマイ弁当」と「おべんとう春」、鎌倉市の大船軒から「鯵の押寿し」、小田原市の東華軒から「鯛めし」、浦安市のリエイ万葉軒千葉工場から「菜の花弁当」の5種類の駅弁が提供・・・
[全文は電子版会員登録を]