日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

イタリア・ポルトガル 美食の南欧を探る(中)ポルトガル ゴレガン・ポルト 地域産品を世界市場へ

その他 連載 2018.05.14 11699号 05面

バラエティー豊かな味付けを展開する「パラディン」ブランド
バラエティー豊かな味付けを展開する「パラディン」ブランド

各国のコメのテイストに合わせてさまざまな容量・形態を展開
各国のコメのテイストに合わせてさまざまな容量・形態を展開

 ◆地域産品を世界市場へ

 イベリア半島最西端に位置するポルトガルの食品産業は、伝統産業を基盤に革新を続けている。酢、菓子、調味料、コメ、缶詰、ワインなど、長い歴史を持つジャンルで最新の技術や生産・品質管理システムを取り入れ、国内のみならずヨーロッパや他国に向けて輸出拡大を進める。地域産品の強みを生かした同国の食品産業の輸出拡大へ向けた取組みをリポートする。(小澤弘教・岡朋弘)

 ●自社製造へ特化

 首都リスボンから北へ約130kmに位置するゴレガン。毎年11月に開催される「聖マル・・・
[全文は電子版会員登録を]