日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マリンハーベストジャパン、ハロウィーンの販促キャラ「サーモンスター」開発 子育て世代へ訴求

水産加工 ニュース 2018.10.12 11777号 06面

キャンペーンキャラクターの「サーモンスター」
キャンペーンキャラクターの「サーモンスター」

モンスターをコンセプトにしたオリジナルメニューを提案(写真は「デコ寿司」)
モンスターをコンセプトにしたオリジナルメニューを提案(写真は「デコ寿司」)

 世界最大のサーモン養殖加工会社の日本法人マリンハーベストジャパンは、ハロウィーンシーズンに子育て世帯に向けたサーモンメニューを訴求する。サーモンとモンスターを掛け合わせたキャラクター「サーモンスター」を開発し、ノベルティーグッズなど販促物で展開。手軽に作れるメニュー提案とともに、ノルウェーサーモンの食文化普及を進める。

 同社はハロウィーンシーズンの販促活動として、ノルウェーサーモンを「ハロウィンフィッシュ」としてPR。鮮やかな身色がハロウィーンでおなじみのカボチャの色と似て・・・
[全文は電子版会員登録を]