日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

光る7人のプロ農業者たち(2)東海北陸・ひるがのラファノス 周年就業で収益確保

農産加工 連載 2019.02.08 11833号 06面

奥村照彦社長
奥村照彦社長

 岐阜県郡上市のひるがのラファノスは、高付加価値のブランド野菜を栽培する。加工品生産にも注力し、冬場の収益確保も実現。周年就業体制を構築し、取引先も拡大している。昨年8月には、地域の農業や食品産業の発展に向けて、多くの経営者の目標となる姿を示したことを表彰する「アグリフードEXPO輝く経営大賞」を受賞。次世代人材の育成も進め、農業の持続可能な発展に取り組んでいる。

 清流・長良川の源流がある、標高1000mのひるがの高原。寒暖差が大きく、高品質な野菜を生産できる環境にある同地で・・・
[全文は電子版会員登録を]