日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

光る7人のプロ農業者たち(4)近畿・早和果樹園 有田みかん加工、海外からも高評価

農産加工 連載 2019.03.13 11848号 05面

秋竹俊伸社長
秋竹俊伸社長

 和歌山県の特産品「有田みかん」の高品質生産とジュースなど加工品商品開発に取り組む早和果樹園は、積極的な海外展開を行う。メード・イン・ジャパンの同社商品は、味や品質の面で高い評価を獲得。日本屈指のミカンブランドの価値を高めることに加え、若い世代の育成にも力を入れている。

 同社は2000年、7戸のミカン農家が集まってできた早和共撰組合を法人化し、設立した。生食用ミカン生産では、天候の影響や収穫量による価格変動など、収穫後の短期間に経営リスクが集中することが悩みだった。そこで同社・・・
[全文は電子版会員登録を]