日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

光る7人のプロ農業者たち(5)東北・半澤鶏卵 卵を高付加価値品に

乳肉・油脂 連載 2019.04.12 11861号 04面

石山和男営業課長
石山和男営業課長

 山形県天童市の半澤鶏卵は、自社で生産する鶏卵を加工した「スモっち」をコアブランドに、付加価値の高い卵・鶏肉加工品を展開する。県内唯一のストレスフリー養鶏場で、純国産種鶏を肥育。全国へおいしさと健康を提供している。

 同社はもともと卵の卸業を柱にしていたが、利益率が低かった。そこで自社の卵の生の状態での直売に着目し、加えて加工品を手掛けるようになった。

 一番人気の商品が、「スモっち」だ。自社・契約農場の若鶏が産む殻の硬いMSサイズの卵を、殻ごと薫製にする。山形県内陸地方の食文化・・・
[全文は電子版会員登録を]