日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

山形の新ブランド米「雪若丸」誕生 つや姫との姉弟戦略で売り込む

農産加工 ニュース 2017.03.17 11499号 06面

吉村美栄子知事(右)と字を書いた上山明新館高校の丹野優唯さん
吉村美栄子知事(右)と字を書いた上山明新館高校の丹野優唯さん

 「つや姫」に続く米どころ、山形県の新たなブランド米「雪若丸(ゆきわかまる)」が誕生した。18年秋に本格デビューを飾る。「雪のように白く、つやがあり美しい」コメで「つや姫」に似ていながらも、「しっかりしたつぶ感と粘り」で男性的な特徴を持つことから、つや姫の弟として位置付ける。

 このコメは「山形112号」として、同県が長年、開発を進めてきたが、今回の名称決定に際し吉村美栄子知事は「山形が生んだお米の“一姫二太郎”として、県民はもとより全国の消費者に愛されるようしっかり育て、姫と・・・
[全文は電子版会員登録を]