日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ミャンマー行政官が来日 米粉業界を視察

農産加工 ニュース 2018.04.02 11682号 02面

熱心に視察するカイン・カイン・ザン副部長(右)とニャン・エイチーフエンジニア(中)。西村機械製作所西村元樹社長が説明
熱心に視察するカイン・カイン・ザン副部長(右)とニャン・エイチーフエンジニア(中)。西村機械製作所西村元樹社長が説明

 ミャンマー行政官一行が3月26日、日本の米粉業界の視察で来日した。大規模コメ産地の同国だが精米技術が低く、約50%が割れ、市場価値を失い、農家所得の低迷につながっている。そこで日本式米粉でこの問題解決に貢献したい、と製粉機械メーカー・西村機械製作所が仲介し、農業畜産灌漑省のカイン・カイン・ザン副部長とニャン・エイチーフエンジニアが来日し、日本の米粉活用最前線を学んだ。

 西村機械製作所は、JICA(国際協力機構)の中小企業海外支援事業「案件化調査」として、ミャンマー政府の協力・・・
[全文は電子版会員登録を]