日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

やぶファーム、ホウレンソウ初出荷 新設の水耕栽培施設

農産加工 ニュース 2018.05.14 11699号 01面

施設内での収穫作業(従事者は食品工場と同様に白衣、キャップ、マスクを着用)
施設内での収穫作業(従事者は食品工場と同様に白衣、キャップ、マスクを着用)

 【関西】オリックスなどが出資する国家戦略特区・兵庫県養父市のやぶファームは、新設の太陽光利用型水耕栽培で生産した葉物野菜を8日、初出荷した。今回収穫されたホウレンソウ1800袋は、オリックスグループで青果流通を担う、オリックスフード・サプライを通じて京阪神のスーパーに届けるほか、地元道の駅でも販売される。(佐藤路登世)

 やぶファームは、オリックス100%子会社オリックス農業と養父市、JAたじま、地元農業者の共同出資で誕生した農業生産法人で、葉物野菜水耕栽培施設では西日本最大・・・
[全文は電子版会員登録を]