日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ビジネスフォーカス:神崎フード 3セク運営も順調な経営 民間のノウハウ活用

惣菜・中食 統計・分析 2018.05.18 11701号 11面

地元特産品を詰めた「銀の馬車道弁当」
地元特産品を詰めた「銀の馬車道弁当」

 【関西】神崎フードは、兵庫県神河町と在阪有力炊飯企業・エスアールジャパンの資本で運営される第3セクターで、設立は98年にさかのぼる。同町の主力農産物であるコメの加工を通じて、地域農業活性化と雇用促進が目的だ。(佐藤路登世)

 主力事業は、米飯はもとより、寿司や弁当、おにぎり・惣菜などの製造販売で、1日2tのご飯を炊き、うち酢飯が8割を占めている。苦戦を強いられる第3セクターが多い中で、エスアールジャパンによる民間経営ノウハウを有効活用し近年、売上げが順調に拡大している。

 中で・・・
[全文は電子版会員登録を]