日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東洋ライス、BG無洗米でエコ・ファースト企業に認定

農産加工 ニュース 2018.08.13 11746号 02面

環境大臣室で認定証を前に、中川雅治大臣と雑賀慶二社長(右)
環境大臣室で認定証を前に、中川雅治大臣と雑賀慶二社長(右)

 BG無洗米の開発メーカー、東洋ライスはこの普及による地球温暖化防止や廃棄物削減、持続可能な循環型社会形成への貢献取組みが認められ7日、中川雅治環境大臣から「エコ・ファースト企業」として認定された。

 「エコ・ファースト制度」は業界トップランナー企業による環境保全活動の推進を目指し、環境省が08年、創設したもの。企業が環境大臣に、自らの取組みを約束し、認められた場合に認定に至る。

 同制度基本理念に、(1)先進性=トップランナーにふさわしい高い目標がある(2)独自性=業界特色を活・・・
[全文は電子版会員登録を]