日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

木徳神糧、第2四半期は販価改定で増益 全農と協力急ピッチ

卸・商社 決算 2018.09.05 11758号 02面

 コメ卸大手、木徳神糧の18年12月期第2四半期は、売上高前年比17.2%増の584億8400万円と好調だ。コメ離れが進む中にあって、精米販売量が同0.5%増の9万6600tと微増を確保。これにミニマム・アクセス米同62.9%増(11万8500t)が重なり、コメ全体では、同18.8%増の25万9300tに達した。

 収益面では、仕入れ価格が上昇する中、販売価格改定と徹底的したコスト削減を推進し、営業利益同89.2%増の5億2800万円、経常利益同73.3%増の5億7200万円を・・・
[全文は電子版会員登録を]