日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

台湾国際農業総合展(下)中国深セン 大規模ブースで訴求

農産加工 連載 2018.12.19 11810号 03面

深センの中瑞微視光有限公司イチオシの光選別機
深センの中瑞微視光有限公司イチオシの光選別機

 11月21~23日、台湾・高雄市内で開催された「台湾国際農業総合展」では、海外からの出展が目立ち、台湾農業のグローバル化進展がうかがえた。

 入口付近に大規模なブースを構えたのは、中国の経済特区・深センに本拠を構える企業だ。

 このうち、中瑞微視光有限公司は、最先端のCCDカメラ搭載により、高精度異物除去を可能にした光選別機を紹介。被選別物も、コメや、麦類、大豆など穀物はもとより、台湾特産品の茶葉にも威力を発揮する。「台湾初出展だが、経済発展ぶりに驚いている。中国国内のシェアは・・・
[全文は電子版会員登録を]