日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日建リース工業と農林中金大阪支店、センター稼働で活魚流通高度化

水産加工 ニュース 2019.02.13 11834号 02面

活魚ボックスでマダイを眠らせる作業
活魚ボックスでマダイを眠らせる作業

 建物や物流などのレンタル・リース業を展開する、日建リース工業(日建リース)と農林中央金庫(農林中金)大阪支店は12日、「大阪活魚センター」を本格稼働開始した。府内漁業団体とも連携し、魚の付加価値向上と効率的な物流体制構築、漁業者所得向上による地域振興、新鮮でおいしい魚の持続的供給によるわが国魚食文化向上など貢献を目指す。

 全国最大規模活魚集約拠点となるこのセンターは、活魚の取引や一時畜養、加工、配送をワンストップで実現する。全国各地の活魚を集約すると同時に、大阪産活魚による・・・
[全文は電子版会員登録を]