日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤクルト本社、「シンバイオティクス ヤクルトW」販売好調 育成強化・市場開拓を

飲料 ニュース 2018.05.14 11699号 02面


同品をPRする同社業務部企画調査課の島田真実子主事補(右)と直販営業部チェーンストア課の磯貝征志主任
同品をPRする同社業務部企画調査課の島田真実子主事補(右)と直販営業部チェーンストア課の磯貝征志主任

 ヤクルト本社の乳製品乳酸菌飲料「シンバイオティクス ヤクルトW」(100ml、120円)=写真=の販売が好調だ。4月2日のデザインリニューアルを機に、TVCMや電車広告など販促を強化。リニューアル前と比べ2.5倍の売上げで推移している。「プロバイオティクス」(人の腸でよい働きをする微生物)と「プレバイオティクス」(腸内の有用菌の増殖を助けるもの)を組み合わせた「シンバイオティクス」商品として、今後も同品の育成に最注力していく。

 同品は17年11月に全国発売。乳酸菌シロタ株を・・・
[全文は電子版会員登録を]