日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤクルト本社、18年3月期は過去最高の決算に 内外で乳製品販売拡大

飲料 決算 2018.05.18 11701号 03面

 ヤクルト本社の18年3月期決算は増収大幅増益で、売上高、各段階利益ともに過去最高を更新した。国内飲料は乳製品へのマーケティング投資によって販売本数が増加。海外でもアジア・オセアニアを中心に乳製品の販売が拡大した。今期も消費者の腸や乳酸菌への関心の高さを追い風に、乳製品の販売本数増を計画。海外でもアジアを中心に、販売増と価格改定の実施で2期連続の増収増益を目指す。

 18年3月期は売上高4015億円(前年比6.1%増)、営業利益434億円(同16.6%増)、経常利益530億円(・・・
[全文は電子版会員登録を]