日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グループ本社と双日、ベトナムで4温度帯物流 モダントレード対応 10億円目指す

卸・商社 ニュース 2016.12.16 11456号 01面

4温度帯センターの完成イメージ
4温度帯センターの完成イメージ

 国分グループ本社と双日は、ベトナムの物流大手・ニュー・ランド社と共同で「ニュー・ランド・ベトナム・ジャパン(NLVJ)」を設立し、現地における4温度帯物流事業へ参入する。温度管理に対応した保管・配送までの一貫したコールドチェーン物流サービスを提供し、SMやCVSなどモダントレード業態の発展に対応。10年後に10億円の売上高を目指す。(篠田博一)

 NLVJへの出資比率はニュー・ランド社51%、双日29%、国分グループ本社20%。南東部のビンズオン省に敷地面積2万平方m、延べ床・・・
[全文は電子版会員登録を]