日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グループ、「Neo酒売場」を提案 家飲み頻度アップ狙う

卸・商社 ニュース 2017.06.30 11550号 01面


 国分グループは酒類消費の活性化へ向け、小売業に「Neo酒売場」を提案する。提携する山星屋の菓子MDと国分のマーケティング機能を融合させ、家飲み頻度の増加に的を絞った酒売場を訴求。市場は、6月からの改正酒税法施行など一層の変化が進む。生活者に共感を得られるシーン創出と酒食一体の新たな売場を提案し、買い上げ点数のアップを支援する。

 国分は自社運営する利用者参加型Webサイトなどを通じて生活者実態や課題などを探り、シーズンごとの新たな家飲みシチュエーションを抽出・提示。これに沿っ・・・
[全文は電子版会員登録を]