日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:伊藤忠食品・高垣晴雄社長 全社の一体感向上目指す

卸・商社 インタビュー 2017.10.25 11609号 01面


 ●組織力強化図る

 「伊藤忠商事時代にさまざまな業界で積んだ経験を生かし、32年間の集大成として会社の成長に全力を注ぐ」--。6月、伊藤忠食品の新トップに就いた高垣晴雄社長の抱負だ。新体制では昨年から始動した新5ヵ年中期経営計画の基本戦略と第100期のミッション「中核事業の深耕・拡大」「新規分野の強化」を踏襲しつつ、まずは社員個々の能力を最大化するための組織力の強化へスピードを上げて取り組む構え。

 高垣社長の伊藤忠商事時代の担当分野は極めて多彩だ。繊維・食料畑を歩み、その間に・・・
[全文は電子版会員登録を]