日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:三井食品・萩原伸一社長 食シーン共創のプロ掲げ

卸・商社 インタビュー 2017.10.30 11611号 01面


 ●原点回帰と脱却

 「卸への原点回帰と、卸からの脱却。この相反する経営課題を克服し、会社の成長へ道筋をつける」--。6月、三井食品の新トップに就任した萩原伸一社長は抱負を語る。

 就任のタイミングで始動した新3ヵ年中計「ACT2020」では、「食シーンを共創するプロフェッショナル」をビジョンに掲げ、生産と生活者をつなぐ役割の強化、取引先との価値共創を標榜。

 戦略の核として物流・システムなど卸の基本業務の精度向上の徹底、従来の卸の枠を超えた成長戦略に並行して挑戦し、ビジョン遂行へ・・・
[全文は電子版会員登録を]