日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三菱食品、18年消費キーワード示す AIなど利用拡大、ミレニアルズ注目

卸・商社 ニュース 2017.12.15 11633号 01面

原正浩執行役員
原正浩執行役員

 三菱食品は独自分析による18年市場の展望や消費のキーワードを示した。来年はAI(人工知能)など最新技術を活用したサービスや労働力不足への対応が一段と進むほか、従来と異なる価値観を持つミレニアル世代が新たな消費をけん引する兆しを予測。食に求めるニーズの幅の拡大を受け、食品スーパー(SM)ではグローサラントへの取組みが加速するとし、それらへの対応が成長の鍵を握ると強調した。(篠田博一)

 ●SM、グローサラント加速 バブルの懐かしさも

 13日、同社の原正浩執行役員マーケティング本・・・
[全文は電子版会員登録を]